HR業界の営業マンがあれこれ書いていきます

仕事とかキャリアとか趣味とか

最近観た映画3

更新が滞っていたけれども、久しぶりに。

最近観た映画の感想をつらつらと。

 

(1)カメラを止めるな

www.youtube.com

もはや社会現象にもなった邦画。ただ、これに関しては観に行ったのがちょっと遅かった。僕はTOHOシネマズ新宿で観たんだけど、邦画好きとしては拡大上映される前に、ミニシアターで観たかった......。そして、「この映画はマジで良かった!」と薦めまくって、社会現象のうねりを作る1人になりたかった。

 

(2)百万円と苦虫女

www.youtube.com

蒼井優がアルバイトをしながら、各地を転々とするロードムービー。こういうモラトリアム的な邦画は極めて好き。何者でもない一般人がもがく映画が好きなんだなあ。たぶん自分を投影してるんだろう。

 

(3)シャイニング

www.youtube.com

もはや古典ともいえるキューブリック監督のホラー作品。原作はスティーブン・キングだけど、かなり改変されているらしい。そのためキングは映画を快く思っていないらしい。天才と天才は折り合いが悪いのかねえ。

そうそう、物語を彩る重要なキーワードとして「REDRUM」というのがあるけど、これは金田一少年の事件簿「蝋人形上殺人事件」にも登場したね。元ネタがこの作品ってのは知らなかった。

古い作品ながら、怖いシーンではしっかりハラハラできるし、最初のドライブシーンで観客を惹きつけるのは見事。古さを感じさせない傑作だったね。

 

(4)冷たい熱帯魚

www.youtube.com

実際に起きた「埼玉愛犬家殺人事件」を下敷きにした鬼才・園子温の映画。まさに猛毒エンターテイメント。よくあの事件を映画化しようと思ったよなあ、、、とは思うが、血と暴力で観客を惹きつけておいてからの、でんでん演じる村田と吹越満演じる社本の対決シーンは圧巻。村田が社本の本性を突きつけ、「やりたいことをやれ」を焚きつける。

 初見だと、どうしてもでんでん演じる村田に気を取られちゃうんだけど、2回目を見ると、今度は社本の異常性に目が行ってしまったりするのも、この映画の面白いところ。

 「人生ってのはなあ、痛いんだよ!」

 というセリフは心に突き刺さる。

どうしてもグロいシーンに目がいきがちなんだけど、その先にある叫びを是非観てほしい傑作。

 

(5)大洗にも星は降るなり

www.youtube.com

密室で推理を行う展開は「キサラギ」に近いものを感じたが、それよりはるかにポップ。笑えるシーンも多く、誰もが幸せになれる映画。疲れたときに見返したい。