HR業界の営業マンがあれこれ書いていきます

仕事とかキャリアとか趣味とか

「孤狼の血」、そして「県警対組織暴力」

観た!

 

www.youtube.com

 

アウトレイジ』に対する東映の答え。

孤狼の血」は「仁義なき戦い」を筆頭とした実録ヤクザ映画をかつて得意としていた東映のリベンジ的な作品なのである!

舞台は広島県呉原市。架空の街だが、呉市をモデルにしている。

役所広司演じる主人公は呉原東署の刑事、大上。違法捜査も辞さず、しかしヤクザと警察の間を巧妙に取り持ち、街の治安を維持している。

大上とタッグを組むのが、広島大学出身の若手エリート刑事、日岡日岡を演じるのは松坂桃李。清濁併せ呑むベテラン刑事と正義に燃える若手刑事というのは、ある種お決まりのコンビ。

ヤクザ役には石橋蓮司江口洋介伊吹吾郎嶋田久作など魅力的なキャストががが。さらに呉原のクラブのママ役に真木よう子、県警の幹部役に滝藤賢一なども見逃せない!それから日岡のガールフレンド(?)役に阿部純子という若手の女優さんが出ていて、この子もすごく良かった!妙に色っぽい。ラストシーンは悶絶したよね(笑)。

ストーリーが進むに連れ、日岡がどんどん成長(?)していくところに、ジーンときた。大上から孤狼の血を受け継いで、ダーティーな手法にも染まっていく......。

一番の見所は、市のえらいさんが集まった高級ホテルでのパーティー中の粛清シーン。華やかなパーティーと並行して行われる粛清というのは、一種の様式美ですよねえ。「ゴッドファーザー」、「インファナル・アフェア 2」を想起してしまいましたよ。江口洋介ぇ、カッコ良かった。

あと正義と悪ってなんだろう、って考えさせられる部分もあって、その辺は「ダークナイト」っぽかったかも。

そして、「孤狼の血」の流れで同じく東映の「県警対組織暴力」も観てみたよ。県警対組織暴力と銘打ちつつ、刑事とヤクザの友情、そして別離を描いている。誰も幸せにならない映画だったけれども、それでこそハードボイルドなんだなあ。「仁義なき戦い」で切り開かれ、「アウトレイジ」で復活した日本のヤクザ映画の素晴らしさを体感しましたね。

ちなみに「孤狼の血」は続編が描かれるようだ。ヤクザ映画にしろ、マフィア映画にしろ、香港ノワールにしろ、主要人物は誰も幸せになることはない。孤狼の血を受け継いだ日岡が次作でどんな生き様を見せるのか?とても楽しみ。