Toshi's blog

仕事とかキャリアとか趣味とか

9ヶ月ぶりに達成した

営業マンは大半がそうだと思うが、我々には月々の売上目標が課される。別に未達だからといって殺されるわけではないが、査定にだって響くし、職場での居心地は悪い。自分への自信も失う。

 私の場合もここ9ヶ月くらい未達が続いており、本当に苦しかった。真剣に向いていないと思って転職も考えたし、病みすぎて心療内科に行った方がいいかなと思っていた。そんな状況下だったので、4月は達成ができて本当に良かった。

 未達人材だった自分が何を変えたかといえば、まず「量」が圧倒的に増えた。上司の判断が大きかったが、「お前は場数が圧倒的に足りていない。まずは場数を踏んで成長しろ」ということで、優先的に案件を割り振ってもらった。

 ということで、ここ最近はかなり忙しくて、朝6時起きで7時に出社、昼飯を食う時間もなく、22時過ぎまで働いて退社という感じだった。1日に栄養ドリンクを3本飲んだ日もあったな。

 そんなこんなでパワープレイで達成した感じだが、しばらくはこの働き方を続けることになると思う。まだ20代ってことで無理の利く年齢だし......。でも1年目〜2年目をこのペースで働いていたら、また違ってのかなという気がしなくもない。

 元リクルート執行役員で現スタートアップ経営者の須藤さんはこんな記事を書いている。

sudoken.hatenablog.com

今30代で第一線で活躍し、凄まじい活躍をしてる人の話を聞いてみると

ほぼ100%、皆様最初の3年が勝負だと言っています。

というのも、3年で突き抜けてしまえば、仕事の機会が圧倒的に増えます。

そうすると、経験や場数で更に差が広がっていきますので

追いつくことはかなり難しくなります。

 

じゃあ3年で突き抜けるにはどうしたら良いか? 

最初の3ヶ月でスタートダッシュし、半年経過で圧倒的に成果を出す。

1年目の成果にこだわりつくす。

ということじゃないでしょうか?

 

で、2年目はそれを当然上回る。

3年目は3年間の区切りの集大成として仕上げる。

そんな感覚で仕事に徹底的に向き合うということが重要だと思います。

 

その過程で、とても大切なのが自分の中での

「仕事に対する哲学」

を3年間で作り上げるということだと思います。

 自分の場合は入社してからの立ち上がりはだいぶ遅くて、そこまで仕事に真剣に向き合ってこなかった。量もこなしてなかった。たぶんそれは仕事に真剣に取り組むけど、結果を出せないイケてない現実に直面する強さがなかったからだと思う。

 そのせいで減給とか降格とかいろいろあって、でも最近は周りにも恵まれて、「やる気が出ねえ」とか言っている暇もなくなって、ようやく仕事に真剣に向き合えることができました。うん、3年経っての成長がその程度でした(笑)。

 そうそう、初年度ということで営業部長とも面談をして、「達成できないのが憂鬱で、もうやっていく自信もないっす」みたいな話をしたんだけど、部長は、

「もちろん売上も大事だけど、そこまで気にしなくていいよ。自分の成長とお客様のことだけを考えてまずは仕事してみたら?成果は後から付いてくるよ」

「たしかにうちみたいな営業会社だと、お前みたいな内向的なやつは異端児で、成果が出せないのもわかる。でも異端児が成果を出せる組織は強い。だからこそお前には活躍してほしい。そして活躍させるのが俺ら管理職の仕事だと思う」

と言ってくれて、単純に救われた気がした。

 これからの仕事人生で漢方みたいに効いてくる面談だなって思った。ま、頑張ろ。