Toshi's blog

仕事とかキャリアとか趣味とか

書評「何者」(著)朝井リョウ

今更感はあるけれども、直木賞を受賞した朝井リョウの「何者」を読んだ。これは就職活動に取り組む5人の大学生を描いた小説だ。就職産業に従事する人間として、やはり書評を書いておかねば、ということで綴っていく。※残念ながらネタバレありだ。

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 さて、主要人物は5人。

・拓人:演劇サークル出身で他者分析が好き。つねに他者を冷笑的に見ている。物語は拓人の一人称で進む。

・光太郎:バンドのボーカルをしている。明るく、空気が読める。

・瑞月:留学経験者で光太郎の元カノ。複雑な家庭事情を抱える。他者への気配りがすごくデキる子。

・理香:同じく留学経験者。瑞月よりもさらにアクティブで学園祭の実行委員や海外ボランティアにも積極的に取り組む。就職活動にも一番熱心。いわゆる意識高い系。

・隆良:理香の彼氏。美術館でアルバイトをし(本人は「仕事」と呼ぶ)、アート関連のコラム連載も手がけている。会社員は合わないと嘯き、就職はしないと公言しているものの、陰ながら就職活動に取り組む。

普通に大学に入って就職活動をした人なら、「あーこんな人いるいる」ってなる描写の連続だ。誰も相手にしないのに、安直な就活批判を続ける隆良。いろんな肩書を並べた名刺をOB訪問で配り歩く理香。これも早稲田でダンスサークルに入って就職活動も経験した朝井リョウならではだろう。

その一文一文が、「もうやめて!読者のライフはゼロよ!」ってくらいぶっ刺さってくる。休憩を入れながらじゃないと、メンタルがやられてしまって読めないかもしれない。それくらいに登場人物の言動は痛々しくも、過去の自分を想起させるのだ。

瑞月と光太郎が内定を獲得したことを機に5人の関係性は徐々に変化していく。2人の内定先の悪評をネットで検索して安心感を得ようとする拓人と理香。

さらに拓人の内面も理香によって暴露される。実は拓人は1年目で就職活動に失敗しており、2度目の就職活動に臨んでいたのだ。ツイッターの裏アカウントも保有し、周囲を嘲笑うツイートまで繰り返していた。しかし、分析に酔っているだけで、何の努力もせず、ただ何者かになれるだろうと軸もなく就職活動に取り組んで内定が出ない拓人。

そんな拓人に理香はこう言う。

自分は自分にしかなれない。痛くてカッコ悪い今の自分を、理想の自分に近づけることしかできない。みんなそれをわかってるから、痛くてカッコ悪くたってがんばるんだよ。カッコ悪い姿のままあがくんだよ。

そこで拓人ははじめて、自分の痛さを認識する。拓人に共感をしながら読み進めていた我々読者も同様に心をエグられるのだ。朝井リョウ、恐るべし。

最後に、若干の救いを持たせて物語は幕を閉じる。とある企業の面接で、拓人はこう話す。

「長所は、自分はカッコ悪いということを、認めることができたところです」

僕は、なんとか志望の企業に入社することができた。でもそれで憧れていた「何者」かになんてなれなかった。カッコ悪い姿のままあがいていくしかないのかもしれない。

 

www.youtube.com