Toshi's blog

主にHRに関すること

書評「何者」(著)朝井リョウ

今更感はあるけれども、直木賞を受賞した朝井リョウの「何者」を読んだ。これは就職活動に取り組む5人の大学生を描いた小説だ。就職産業に従事する人間として、やはり書評を書いておかねば、ということで綴っていく。※残念ながらネタバレありだ。

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 さて、主要人物は5人。

・拓人:演劇サークル出身で他者分析が好き。つねに他者を冷笑的に見ている。物語は拓人の一人称で進む。

・光太郎:バンドのボーカルをしている。明るく、空気が読める。

・瑞月:留学経験者で光太郎の元カノ。複雑な家庭事情を抱える。他者への気配りがすごくデキる子。

・理香:同じく留学経験者。瑞月よりもさらにアクティブで学園祭の実行委員や海外ボランティアにも積極的に取り組む。就職活動にも一番熱心。いわゆる意識高い系。

・隆良:理香の彼氏。美術館でアルバイトをし(本人は「仕事」と呼ぶ)、アート関連のコラム連載も手がけている。会社員は合わないと嘯き、就職はしないと公言しているものの、陰ながら就職活動に取り組む。

普通に大学に入って就職活動をした人なら、「あーこんな人いるいる」ってなる描写の連続だ。誰も相手にしないのに、安直な就活批判を続ける隆良。いろんな肩書を並べた名刺をOB訪問で配り歩く理香。これも早稲田でダンスサークルに入って就職活動も経験した朝井リョウならではだろう。

その一文一文が、「もうやめて!読者のライフはゼロよ!」ってくらいぶっ刺さってくる。休憩を入れながらじゃないと、メンタルがやられてしまって読めないかもしれない。それくらいに登場人物の言動は痛々しくも、過去の自分を想起させるのだ。

瑞月と光太郎が内定を獲得したことを機に5人の関係性は徐々に変化していく。2人の内定先の悪評をネットで検索して安心感を得ようとする拓人と理香。

さらに拓人の内面も理香によって暴露される。実は拓人は1年目で就職活動に失敗しており、2度目の就職活動に臨んでいたのだ。ツイッターの裏アカウントも保有し、周囲を嘲笑うツイートまで繰り返していた。しかし、分析に酔っているだけで、何の努力もせず、ただ何者かになれるだろうと軸もなく就職活動に取り組んで内定が出ない拓人。

そんな拓人に理香はこう言う。

自分は自分にしかなれない。痛くてカッコ悪い今の自分を、理想の自分に近づけることしかできない。みんなそれをわかってるから、痛くてカッコ悪くたってがんばるんだよ。カッコ悪い姿のままあがくんだよ。

そこで拓人ははじめて、自分の痛さを認識する。拓人に共感をしながら読み進めていた我々読者も同様に心をエグられるのだ。朝井リョウ、恐るべし。

最後に、若干の救いを持たせて物語は幕を閉じる。とある企業の面接で、拓人はこう話す。

「長所は、自分はカッコ悪いということを、認めることができたところです」

僕は、なんとか志望の企業に入社することができた。でもそれで憧れていた「何者」かになんてなれなかった。カッコ悪い姿のままあがいていくしかないのかもしれない。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

グロービス「リーダーシップと人材マネジメント基礎講座」を受講してきた

グロービスというのは住友商事出身でハーバードMBAホルダーの堀義人氏が設立したビジネススクールだ。

ビジネススクールでは一般的には経営戦略、HR、マーケティング、会計、財務などを幅広く2年間で学ぶ場所だが、グロービスでは1科目から受講可能だ。

私はHRの知識をもっとつけたいという想いから、グロービスの「リーダーシップと人材マネジメント基礎講座」を受講した。入学金込みの授業料は14万円程度、隔週で全6回の講義があり、それなりにヘビーな課題が出され、勉強会も自主的に開催される。

gms.globis.co.jp

「リーダーシップ」を扱っているということもあり、私が受講したクラスは全24名、30代〜40代の課長クラスもしくは課長一歩手前という受講生が多かった。半分くらいは社費だったと思う。20代の若手は少数派だ。

当初はついていけるか不安だったが、予習・復習をしっかりしていれば、問題はなかった。修了後に成績が出るが、現に私は一番高いA評価だった。なので若手であってもHRに少しでも興味があれば積極的に受講すべきだと思う。

このクラスで学ぶ学問領域は2つあって、組織行動学(OBH)と人的資源管理(HRM)だ。OBHは人や組織に影響を与える個人の取り組み、HRMは人や組織を動かしていく仕組みを指す。具体的に、OBHではエンパワメント、モチベーション理論やキャリア理論、プロジェクトマネジメント、HRMでは組織構造、人事制度(採用/配置/評価/報酬/育成)、組織文化「ヒト」に関わるマネジメントはいずれが欠けてもダメで、両輪でないといけない、ということを強く学んだ。

講義はケースを題材としたディスカッションを中心に進められる。私が受講した際は、サントリー武田薬品工業、ヤフー、日本電産コパル日本通運ヤマト運輸など実在の企業を扱った。

全6回の講義を通じてHRに関する知識を幅広く習得することができる。私自身、講義を通じて視座がグッと上がったと感じている。人材紹介会社に勤めていると(当然ながら)「採用」に目が行きがちだが、顧客の置かれている環境を意識しながら会話を進めることができるようになった。仕事への姿勢も変わったと思う。

なぜ新卒で人材紹介会社に入社したか?

さて、なぜ新卒で人材紹介会社に入社したのかということについて書いてみようと思う。私の当時の就職活動の軸は「企業の根幹に携わって成長を支援したい」ということだった。

私は商学部で「アントレプレナーシップ(企業家精神)」という、やや毛色の変わった学問を専攻するゼミに所属していた。アントレプレナーシップというのは非常に学際的で、経営戦略、ファイナンス、組織論などの学問領域が複合的に絡まりあった分野である。

なので、それらの分野の本を輪読する傍ら、企業家やベンチャーキャピタリストにインタビューをして論文を仕上げるというような、決して華やかとは言えないけれども、楽しい学生生活を送っていた。

それらの学問経験から、企業の活動の根幹には「人」と「金」が欠かせないという極めてシンプルな事実を改めて認識するに至った。

そこで、いずれかに関わることのできる仕事であれば楽しいだろうなと思った。

人材紹介や研修会社、人事コンサル、銀行、証券、投資銀行、VCなどに焦点を絞った。説明会はもちろん、OB訪問やインターンにも積極的に取り組んだので、模範的な就活生だったといえるかもしれない。ミーハーな就活生でもあったので、大人気の総合商社なんかも面接に行ったが、本気ではなかったので、すぐ落とされたのはいい思い出だ。

結局、一番内定が早く、かつ雰囲気も良さそうだということで今の人材紹介会社に入社することにした。

 

 

自己紹介

ブログを開設してみた。

 私は2015年3月に大学を卒業後、人材紹介会社に入社し、主に法人の中途採用支援(という名の営業活動)を中心としたキャリアを歩んできた。これからもHR(Human Resource)分野でキャリアを積んでいくつもりだ。

このブログでは仕事の学びや悩み、キャリア、趣味、読んだ本の感想等をゆるく書いていこうと思う。